三咲駅 歯科 船橋市 田中歯科医院

インプラント治療とは?
インプラント(Implant)とは、「植え付ける」という意味をもっています。医科領域では人工関節等の整形外科用インプラントなどがあります。しかし現在インプラントといえば、歯科領域でのインプラント治療のことを意味するようです。  インプラント治療では、歯が抜けた時に人工の歯を“植立”することで、より自然に近い、美しい“自分の歯”を取り戻して、食事もおいしくいただくことができます。  「入れ歯」や「ブリッジ」、「差し歯」はどうしても噛む力が劣ってしまいました。でも、インプラントは違います。高齢化社会を迎える現代、またより歯の美しさが追求されるいま、まさに主役ともいえる治療法として、多くの患者さんの注目を集めています。
一般的な治療例
治療の流れ
1. 診断と治療計画
診断と治療計画初診 : インプラント治療についての相談と説明
  診査 : 病歴や健康状態の問診、口の中の検査、
  レントゲン撮影、歯形の採取
  診断 : 治療方針の決定と説明
2. インプラント手術
インプラント手術手術 : インプラントの歯根部を骨の中に埋入します。
埋入手術は、局所麻酔で行います。顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し傷を縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し、安定します。
3. インプラントと骨の結合
インプラントと骨の結合結合 : 約 6週間から24週間待ちます。
インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。
約6~24週間でインプラントは周囲の骨と完全結合されます。
4. 歯の装着
歯の装着セット : インプラント歯根部の上部に人工の歯を装着します。
インプラント埋入手術に伴う不自由さ痛みの程度、及びその継続期間は臼歯の抜歯と同じぐらいと考えて下さい。
子ども向け矯正歯科
矯正治療の開始は、小学校2年生ごろで大人の上の前歯が4本、下の前歯が4本と6歳臼歯が生え、大人の歯の間に乳歯が並んでいる時期です。
治療の対象は、前歯の歯並びが悪いので直したい子供さんです。
装置は内側につけ、おもてから見えませんので、矯正しているのがわからりません。この時期に前歯から並べて小学生のうちに終了し直してしまいます。
大人の矯正から始めてスペースを確保するための抜歯を避けることができます。
DVC00376.jpg
1)乳前歯から永久歯前歯の交換期
子供の乳歯の前歯から永久歯の前歯への交換を追ってみました
P1040899.jpg
6歳ころから下の前歯の乳歯の後ろから大人の前歯が
交換のために出てきます
 7歳から8歳ころ下の前歯が大人の前歯に生え変わります。
乳前歯列の歯と歯の間に隙間があるので正しく並ぶと考えていま
したが、永久歯の前歯の大きさが乳歯列のスペースより大きい
ために後ろにはえてきました。
 これから前方、側方に向かってあごが成長することで、前歯4本の
が正しく並ぶかを見守ります。上の前歯も交換期に入りました。  
子供 子供
歯列の完成 子供から大人に
6歳の頃 9歳の頃 12歳の頃 永久歯列 成人
成人の永久歯列
大人向け矯正歯科
矯正治療は、歯のガタガタ、上の歯の突出、反対咬合を直し、口元の改善をおこないより審美的な歯並びをもたらします。 しかし矯正治療は、ただ見た目をキレイにするだけのものではありません。歯並びが悪いと、歯磨きが難しい為、虫歯や歯周病にかかりやすく歯の寿命を減らしてしまいます。 そして、清掃状態が悪いと口臭の原因にもなります。また、咬み合せが悪いと、しっかり咬む事が出来ず、年齢を重ねていくと下の顎の関節に痛みがでる場合があり(顎関節症)、今後何十年と使っていく歯並び、咬み合せを良くすることは、今後の生活に大きなメリットをもたらします。